「音タコ」完成披露試写会

8月22日の完成披露試写会へ行ってまいりました。

試写会の様子は今流行りのLINELIVEでやってたみたいですね。

 

『どうしてこのキャストなんですか?』の問いに対して迷わず「このキャストしかいないですね」と答える三木監督が好きです。監督のキャストへの絶対的な信頼感が感じられましたし、その上でみんなで作る現場を「頭のおかしい現場」と発言されていて、どんな映画が出来上がっているんだ!と大変わくわくしましたし、そんなキャストたちがお送りする「音タコ」に圧倒される上映でした。そうなんです。ちょうおもしろいんです。

 

みんな観て!!!!聴いて!!!!

音量を上げて聴けタコ! 〜音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! オリジナルコンピレーションアルバム〜

 

 

いちおうネタバレしていない範囲でサラッと書いているつもりですが、表現によっては捉えられ方がわからないので続きからにします。

 

映画感想

サダヲさん演じるシンは絶叫したり破壊したり一見ぶっきら棒ですが、心の中は優しさで出来ていました。シンの心の中に触れた時、里帆ちゃん演じる引っ込み思案なふうかが大きく成長する物語。くよくよせずに今日から頑張ろうと背中を押してくれる映画。 

田中哲司さんはハゲ社長でパンツより際どい格好にされるし、千葉くんはぐじゃぐじゃにされるし、サダヲさんは溺れてるし、大スクリーンごと振り回されているようで、笑いが止まらなかったです。三木監督の言うとおり、最高に頭おかしい!!!

 

サダヲさん

シンの生き方は限界を越えていて無茶苦茶で言葉遣いも汚いです。でも、何故か憎めなくて筋が通っていて素敵なやつです。そんなシンに負けず劣らず、全力でぶつかっていくサダヲさんがとても格好良いです。そして、たくさん振りまわされて、たくさん笑わせてもらいました。座長ありがとうございました!!!

試写会ではシンナーのくだりで「ちゃんと放送されたいから!」と止めに入っていたのに、最後の挨拶で自分のボケでシンナーを使ってしまうというおちゃめなお顔が見れておおお?となりました。可愛い。

 

りほちゃん

生で観るりほちゃんはほんとふわふわだった。クリームパンみたいにもちもちしていて、おめめはキラッキラで。りほちゃんが隣で頷いてくれるだけで、もう並み大抵の物事がうまく運ばれるんだと。大スクリーンで観ても、キラッキラッで眩しかったです。はい。なんだか外見を大絶賛してしまいましたがそのくらいの破壊的キラッキラッの可愛さの持ち主でした。

思わずクスッと笑ってしまうシーンとか、感情をむき出しにするシーンとか、ふうかは本当に成長しているので、映画の中だけでも、色んなりほちゃんが観れて大変楽しかったです。

フォトセッションではけていくときに、口ずさんでノリノリでさけていくりほちゃんが、もう、可愛かった、可愛かった。

 

ちばくん

はい。音タコを見たかった大本命です。もみ冬でのペット感溢れるくすのき執事はもう可愛くて変態刺青コスプレ野郎でももう可愛くて可愛くて(ドアを開けたらくすのき執事が出てくる豪邸いいなぁ…。)、今期ドラマのたかねの花ではブラック顔が定番になってきましたちばくんですが、この音タコのブラック坂口もなかなかブラックで、くぁわいいお顔で噛みつきそうなブラックな表情ってもう最高ですよね!!!

あんあんのせっくす特集にでれたら筋肉ドーピングしたい「ギリギリまで」とちばくんが言ってましたけど、音タコの映画の中でもギリギリまで出てましたよ!ベイビーフェイスがぐじゃぐじゃにされて、牙を剥くんですけど、なんかもう可愛い。飼い猫。

試写会では人の鎖骨触って「わあ!すごい!すごいです!」とか、チーズが鼻につまっていて踏ん張った「ふーん!」とか、当の本人の発言はところどころふんわりしていて、正真正銘の癒し系男子でした。

試写会での千葉くんのチーズのお話しは、更に映画が楽しくなるから必ず思い出してから観てほしい!!

 

ラストは意外な結末でしたが多分ハッピーエンドです!!

あ。あと血の描写がすごかったので苦手な人はがんばれ!笑