「サメと泳ぐ」で溺れた

皆さん、泳げましたか?

私はそもそも泳げません。という話は置いといて

f:id:kinachia:20180914232642j:image

お芝居が大好き!

1ヶ月かけて脚本を読み込み、掘り下げ、本番が始まってからもその世界にどんどん深く潜っていける。そんなふうにひとつの役を濃密に演じられるのが舞台です。(MORE9月号より一部抜粋)

Domaniでも「役者にとって贅沢な時間」とインタビューで答えていて、圭くんの舞台って一体どんな感じなのかしら?と大変わくわくしました。

実際に舞台に立っている圭くんを観て、こりゃ楽しいなー!と純粋に感じてしまいました。ようこそテーマパークへ。

 

続きから、壊れたように可愛い可愛いと書いているサメと泳ぐの振り返りです。6日マチネ,8日マチネ,9日入りました。ネタバレあります。

 

 

ざっくりな登場人物

バディ(哲司さん)…ハリウッド映画大物プロデューサー、パワハラ

ガイ(圭くん)…脚本家志望、バディの新人アシスタント、映画大好き!

ドーン(野波さん)…映画プロデューサー、ある日バディに映画を売り込みに来て、ガイと恋人関係に発展、仕事ができる女

  

だいたい1幕の感想

オフィス

現アシスタントのレックス先輩

オフィスの電話を華麗にさばくレックス先輩。

不意に落ちてしまった受話器に「ちょっと待ってろ!!」と言い放って平然と元の位置に戻すレックス先輩。そういうところプロ! 

初出勤のガイ

キョロキョロオフィスに入ってくるのが、生まれたての赤ちゃんみたいで可愛い。

大物プロデューサーバディ出勤

グラサン出勤!!そして、革靴を運動靴(ニューバランス・赤)に履き替え、イヤモニでサクサク電話対応を始めるバディ。

靴を履き替えるシーン、歩いたところに脱ぎっぱなしの靴が残っていって、その靴を当然のようにレックス先輩が片付けていて、バディの大物感がぷんぷん!!!

違う日では、立ち止まって靴を履き替えて、センターの白い机の下手側から上手側へ、ポーン!ポーン!と靴を投げていて、見事なストローク><!!バディかっこいいいい!!!

来客者ドーン

登場する前にヒールがコツコツ鳴っていて、最高にテンションが上がりました。期待を裏切らず、グラサンにタイトスカートを履いていて颯爽とオフィスに乗り込んでくる姿は本当に良い女!!(またグラサン出勤!)

「だーれ?真っ赤なブリキ転がしてきたの。ニューヨークナンバー233の粗大ゴミ」みたいな台詞、ここの音のテンポがすごく好きです。

交差点みたいなオフィス

この「だーれ~」と現アシスタントのレックスの通話の声が互いに主張して、交差し始めて、私が若干頭おかしくなりそうになりました。だから、とんでもないところにガイは就職してしまったなと思いましたが、映画おたくのガイにはそんなの関係なくて、ガイは希望に満ち溢れてるんだよな。

ドーンがドスの聞いた声で「良いね!そのスーツ!」と言い去っていくのも格好良い。みんな業界人に染まりきった格好良い人たちしか出てこない。

ガイが可愛い

擬音語を使うガイが可愛い

1幕のまだ可愛い可愛い新人アシスタント時代のガイの擬音語使いが純白の天使のようでした。

ドーンと映画の話で盛り上がっている時に「頭から血が抜けてしまいそう!!」の後に「バーンって」と頭を触ってから、真上に自分の手を伸ばしたり。

バディに育毛剤買ってきた流れで「ボスまだ髪の毛まだありますよ。」の台詞の後に、「ふさふさ」と小声で自分の頭をふわふわ触ったり。てんしかよ。

私が入った回ではやったりやらなかったりなので、アドリブで入れれいるようです。

休憩してるガイが可愛い

おっきなダンボール箱を抱えている途中でバディに話しかけられて荷物降ろせないガイは本当に大変だなと思ってたら、綺麗に後ろの階段に寄りかかってた。休憩してたww

語尾が消えそうになるガイが可愛い

バディに物申そうと意気込んでたけど、バディがこっち向いた途端に俯いて「怒鳴らないでいただけるとありがたいでぇ…す」と語尾が消えそうになるぐらい小さくなるガイが可愛い。

バディキュート

さっきのガイの発言に対して「言い過ぎちゃったかな?」と両手をお口にを当ててる、あの強面の哲司が可愛い。その後は理不尽にキレていたのでバディそれツンデレのデレなの?

バディとガイのコンビが可愛い

バディが怒ってクリップを投げつける場面、ガイが手持ちの板でガードし始めるのですが、手にあたって、イッタアアア!イテテテ!と手をぶんぶん振るのが面白かったです。

ガイがクリップ拾ってたらクリップ箱が倒れて中のクリップが『サアアア…』って出てきてしまって「あー」となって、更に切なかった。

哲司がパンツをかぶせられる

「プレイしなぁーい」と空気を読まずに、ミッツィーがバディにピンクのパンツを被せるのですが、普通にパンツを被せるときもあれば、足を入れるところをひっぱってバンダナやカチューシャ風になっていて、とてもキュート。

映画の話をするガイが可愛い

ドーンとガイが初飲みしている場面で、ガイが映画のことを話し始めると瞳がキラキラし始めて、映画にちなんだ冗談まで披露して、本当に可愛い!!

一通り話した後に「ドーンっていくつなの?」と無垢に聞くガイは天然なの?なんなの? 可愛すぎる!!!

もうガイが可愛くてしょうがない

昨晩のらぶ(※ドーン)を思い出して、机の上に広げた自分の手の甲に右手にちゅっ!ちゅっ!ちゅっ!左手にちゅちゅっちゅっちゅちゅっしたら、そのまま机にもちゅっちゅっちゅっ!!かわえええええ!!!かわえええええよおおおおおおお!!!

スムージーが好きなガイが、カフェモカみたいな(失念)お洒落な飲み物買って出勤してくるんですよ。しかもお仕事に遅刻までして…笑

俺も叫びたい

こんなわかりやすく浮かれてるガイのあまりのでれっぷりに、バディが2階から叫びながら更に書類を落としてくるのが最高!

「人生バラ色かよ!!!」と…!!

デレデレなガイも可愛い

「会いたかったよー」てドーンに対して両手広げてるガイがすっごい可愛い!

バディに「いつから付き合ってるんだ?」「好きなんだろ?」とドーンについて質問されると、一気にデレて「はあい」てなるガイも、そんなのわかってるでしょ?とでもいうように無言で頷くガイも、可愛い。

1幕はガイが可愛いのコンボを繰り出してくる><うう可愛い><

 

だいたい2幕の感想

業界に染まるガイ

旧知の友人(ジャック)と酒をかわすガイ

2幕からは前髪は上げてデコ出しで大人っぽく。机の上に足をガッツリ乗っけて、雰囲気えらそう!更には空き瓶をジャックに渡して「酒」と一言。あっち行って酒もってこい的なジェスチャーもする。ガイちゃらい。完全に業界人に染まってきてる。

リールで引っ張られるお顔

ジャックに「ドーンにリールで引っ張られてるんだろ」と言われているところ、ジャックが釣りのリール巻くみたいなジェスチャーして、ガイが釣られるんですけど、お顔のパーツが全部ジャック側(左側)に白目を剥く勢いで引っ張られてました。お顔で遊び過ぎwwもう圭くんの顔芸は素晴らしく自由自在ですww本当にwwww

ガイのお顔が好きなドーン

ガイが椅子に座ってリラックスしてたら、突然現れたドーンに両手でお顔を鷲掴みされて「爽やかな風みたい」「私が出会った中で一番シンプル!」て言われてて、ちょっと!脚本家さん!これ圭くんへの宛書ですか!!とテンションが上がってしまいました。シンプルで!!爽やかな風て!!!

パンフレットにこの稽古写真が載ってるんだけど、ほんと可愛い。このシーン大好き!お顔鷲掴み!!!

バディVSドーン

ガイを中心にドーンとバディが入れ替わり立ち替わりで物語が進んでいくところ、自分のターンになった時の主張が激しくて好き。特に軽快に入ってきて、呼び鈴を連打してリン!リン!リンリンリーンリンリーン!!!!てやってるバディ大好き。

そういえば、バディが階段をトトン!トトン!トトン!とリズム感良く降りるのも好き。バディがお茶目であればあるほどパワハラが際立って好き!

お顔の表情が豊か

脚本の変更を任されて平然な顔をしてたけど、バディが去ってから、にっこにこ嬉しそうな顔して脚本に顔を埋める脚本家志望のガイ。可愛い。脚本の変更なんて許さない派のドーンのベルが鳴った時には「はぁーうるせぇー」みたいなお顔して脚本から出てきて、表情の切り替えがとても楽しいです。

突然圭くんのお話ししますが、いないいないばあしながら、表情変えるやつとか圭くんすっごい面白そう。子供をあやしているところ見て、すごく和みたい願望が生まれました。

狂い始めるガイ

「おめでとうガイこれで一人前ね」

ガイのほんとデリカシーのない言葉により、ドーンが傷ついて去って行ったときすごい切なくて、一人前になるってなんだろうと考える暇もなく、ここで空気を読まずにバディの“満面の笑み”が突然登場して、ライトがバーン!て当たるのと、曲が勢い付いていて、ほんとここのバディ!!おい!バディ!!!

電話越しの別れ話

ドーンの絞り出した「さよならガイ」は涙が流れてきそうな勢いがこもっていました。ガイの発した「待って!!」と呼び止める声と、ドーンとガイの沈黙の間があまりにも切ない。ガイの電話越しの「愛してる」てやっと気付いた言葉はドーンに伝わったのかな。

覚醒したガイ

テープを噛んで引っ張るガイ

バディをテープでぐるぐる巻きにして拘束する場面。ガイがテープを口で噛んで引っ張るのが最高すぎて、毎回ガン見!!!!!!!<●><●>!!!!!!!(ここなんで噛むんだっけ。銃をバディに突き付けていて手がふさがっているからだっけ。情景が思い出せなくて私の記憶が本当に使えなくて。うう…。)

ビニールテープ巻き巻き

ビニールテープで巻き巻きするのですが、バディの周りを走りながら巻くガイは2周目ぐらいから満面の笑み^^でバディを見ながら走る走る!!!一通り巻けたら、今度はバディの後ろに体を寄せて、腕だけを回してテープを引き続き巻き巻き!!バディの横に顔を固定してお顔とお顔が近い^^そして、貼ったテープ(バディのお腹の周り)を大事そうにトントンするガイ^^優しい^^拘束テープ出来上がったら「あはははははは^^」と見合って笑う^^^^なんだ、この拘束犯と拘束されてる人^^^^

そして、W田中はここの場面を楽しみすぎてて、かわええええwwwwww

BGM

バディ拘束中に突然曲をかけたがるガイ。「女の子と遊ぶときのBGM何がいい?」みたいなニュアンスでバディに確認をするんだけど、こんな状況でもBGMかけたがるガイは本当に映画とかの作品が好きだなーーーーと思います。確認したわりにガイが選曲する。

ヴィヴァルディ四季より冬第1楽章

曲が流れ始めると上を向いて、すーーーーーっと曲に聴き入るガイ。曲について語り始める。「小さい時にこの曲を聞いて旋律が綺麗だな…て思って何回も聴いてた。」でも、ある映画を観てから曲の印象が変わった。オールド・ボーイ。ハンマーで歯(か顎)を砕くシーンがあって。だから、この曲を聴くと「何かをぶっ壊したくなるんだよ!!!」といつの間にかバディに近付いて真顔で脅すガイ。迫力に完敗です。

バディの頬に封筒を突き付けたり、タバスコかけたり、やかんで熱湯をかけたり、たくさんごうもんをするガイは、本当に残酷な笑顔で、あんなに可愛かったガイはもうそこにはいませんでした。

すれ違い

「ジ・エンドよ」って言われてドーンは自分の味方かと思ってたからか、ほんとバディ終わったな的にニヤニヤ笑ってるのですが、「お前ら(バディとガイ)とは違う!」と指摘されて突然笑みが消えるガイ。

バディはどこまでも上司

バディに「俺の目を見ろ!」「銃を見ろ!」と言われる場面、目を見ろでしっかりガイが頷いてから、まっすぐバディを見つめるんですけど、もう感情が溢れすぎて目線が強い。

「何が欲しい!お前が欲しいのは何だ!」と問われて追い詰められるガイの苦しみや憎しみに溢れる表情が非常に良い。気持ちとは裏腹にバディの操り人形のよう。

見ろ。聞け。学べ。

こんな感じの教えがあるんですが、ガイはこのオフィスにきて何を学んだんだろう。人間としての大切な何かを失って、手に入れたかったのは地位?無理矢理その道を選ばせられたような、そんな気もするようなしないような…。(突然の考察!!)うーんって考えながら、終わります。

 

効果音とセット

物語の違和感を更に色付けているのが効果音で、キーポイントに流れてくる虫の声と不協和音みたいな効果音。

あとその場にはいない人をセットに座らせておくのが結構楽しかったです。私は突然のバディの満面の笑みの場面が大好きです。

 

使用例

ガイとドーンの話のところで、バディは実際にはその場にはいないけどセットに偉そうに座らせて、ガイの脳裏にバディが過ぎると(♪虫の音)ガイもバディのことをチラチラ見てる。そして、あああーそのお話ししちゃうのね!ガイもバディに騙されて、ドーンにお話ししちゃうのね!!(♪不協和音)

 

使用箇所

不協和音…バディがトップになるとガイに嘘をついたとき

虫の声…ドーンと話しているときにガイがバディのことを思い出しているとき

不協和音…ガイがドーンに嘘をつくとき

虫の声…バディが会長だと嘘の電話をしているところ

 

圭くん

外見

1幕は前髪を降ろしていて初出勤はおどど、2幕では前髪をあげていてシャキッと業界人に染まってきた、以降どんどん前髪が崩れていって闇落ちします。雑誌のインタビューでも「終盤にかけて移り変わるガイの感情」とけいくんがおっしゃっていましたが、感情に合わせて外見もコロコロ変えてきて、圧巻です。 

自由に表現する足

ドーンと付き合いたてのときに電話する時に鼻の下を伸ばすように足を伸ばして床を拭いたり、怯えて机の下に隠れてきる時は足を細かく震わしたり、怒り狂って音楽に合わして大きく堂々と足をぶらぶらしたり、足も役の一部として感情表現していて驚きました。

サービスシーン

ガイさんが腕を捲ったり(血管!)、ジャケットを羽織ったり、ネクタイ締めたり(手慣れ感最高!)、場面展開する時にお着替え的なシーン(衣装は着てるけど)があって、楽しかったです。

 

大好き!!ぜんまいおもちゃ!!

舞台のセンターにある白い机の上にポツンと置いてある、ぜんまいおもちゃ。ピンクが豚、黄色がひよこ、薄茶色がリス、緑がカメレオンだったと思います。舞台中要所要所でぜんまいを巻いて動かしますが、私これが大好きで!!!

締めのぜんまいおもちゃとガイ

1幕と2幕のラストでガイがぜんまいおもちゃを巻いて動かします。1幕ラストではこれから起こることを予兆するかのように、動いているおもちゃたちを見ながら、ガイは怪しい笑みを浮かべます。2幕ラストでは、ガイは喪失感に溢れているような世界の終わりみないな表情をして、おもちゃを眺めていました。ぜんまいおもちゃの音がカタカタカタ時に寂しそうに響き渡っていました。

1幕途中のシマリスさん

ぜんまいおもちゃの中でぴょんぴょん飛ぶような動きをするシマリスさん。愛くるしい動き。1幕途中、バディが動かしたリスがカメレオンにぶつかって停止。バディがリスの進路を直したら、呼び鈴にぶつかって静かにチーン。更にバディが進路を直したら2ジャンプで終わってしまい、圭くんは後ろ向いてしまうし、哲司さんはそのまま机に顔を伏せてましたwwふうううううう…呼吸を整えるのが大変><笑

検索したら、このサイトがまさにその動きをしているのでここに貼っておきます。このピンクの豚さんのメスとシマリスは今回使ってたものかな。ほんとシマリスさんのジャンプかわいいから。

https://item.rakuten.co.jp/e-plus/tintreasures_pig/

カメレオンさんのその後は…。

1幕ラストにガイが張り切ってひよこもリスも動かして、カメレオンさんも!と思ったら手に取った瞬間ポーン!と間に合わなくて投げ捨てられていましたwwwそういえばリスの進路妨害していた時も、初っ端からカメレオンさんは投げ捨てられていて、逆さまになって動けなくなっていた時です。カメレオンさんが、投げ捨てられるのこの日だけでも2回目。

しかも、2幕からカメレオンさん居なくなってしまいました。

 

カメレオンさん降板したwww

 

立てなくなるぐらい重症になってしまったのでしょうか。

8日はガイがコーヒー拭いてる時に雑巾で吹っ飛ばされていたし、もう壊れてしまったのだろうか。。。私がカメレオンだったら幸せだけど泣く。降板はつらい。

  

さいごに

チャイメリカも、けもなれも、コールドケースも、スキマのPVも、マリパのCMも、ゴチもお仕事も大忙しですが、けいくんの出演してる舞台観れて楽しかったです!!

 

また、こうやって足を運んで色んな作品を観たくなって、ブログも書きたくなって、ひとりのヘンタイおたくが、またヘンタイおたくに戻りました。俳優沼は入ったことないけど、だいぶ楽しんでます。おたくは毎日が楽しい。ほんと。