2ndアルバム「LOVE」

菅田将暉

好きなアーティストと仲良くなってコラボしてしまう人。

みょん氏のツイッターでスタッフさんがおっしゃってた「身体からWi-Fiでる人めっちゃモテそうですよね」のコトバは、勝手に菅田くんに贈呈したいです!!だって、菅田くんから紛れもなくWiFiと同等もしくはそれ以上の魅力が発せられているんだと思うんだ!みんなヒキヨセラレテユクモノ!コラボする人が口を揃えて菅田くんを褒めちぎってゆく!!

さて、7月10日に発売されました2ndアルバム「LOVE」につきましては、優しく包み込むようなふわっとした歌声から、巻き舌まいたり、笑い飛ばしたり、思わずC&Rしたくなるノリの良いかけ声だったり(あいらーびゅーて言うしかないでしょおおお!!!!)…。色んな表現が詰まっていて、常にトリプルパンチ><を食らわされる大好きなアルバムになっていました!色んな出会いが繋がって、たくさん楽しんで「らぶ」ができて…!「らぶ」の象徴みたいな菅田くんがいる!!!!!!

 

【Amazon.co.jp限定】LOVE (通常盤) (オリジナルデカジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】LOVE (通常盤) (オリジナルデカジャケ付)

 

 

ああああああジャケ写好きー!(絶叫)

 

届けるコトバは俳優業で身につけたであろう表現力が存分に乗っかっていて、ボイトレで磨き上げた歌声が最強にエモい。ライブまでに更にトレーニングしてしまうであろう発展途上国の菅田くん。やるからには!とことん仕上げてくるんだろーな!!何故やけくそに書き乱れてるのかというと…チケット当たらんかった…。お願いだからライブは収録してBD最高画質で発売してね!!!えーい!全力で「LOVE」を楽しめ!このやろう!!!

 

以下、アルバムの好きなとこを書き綴った感想です!

 

 

M9「TONE BENDER LOVE」

か!わ!い!い!

この曲を初めて聴いた時…すご…かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい!かーわーいーいー!何回聴いてもかわいい!だいすき!この曲の幸せ感染力がやばい!即リピして「らぶ」の源にどっぷり浸りたい!!!

「I LOVE YOU」

サビのすだくんの「あいらぶゆー」が小さく「ぶ」が入るのがかわいい!もちろんその前のレイディ発音もかわいい!

Background Vocails & Hand Clap

すだくんと、ニーキッズの皆様。「あいらーびゅーていってええ」のあとの\あいらーびゅっていってええ/というC&Rを楽しそうに収録されたのが伝わってくるので、早くその楽しさを味わいたいです!ライブではマイク向けてセイやろうよ!><

クラップも飛び跳ねるように楽しそう><!!チャッチャッチャチャチャ!!

かわいい!かわいい!

「そろそろ」「まだまだ」「きらきら」「どきどき」がかわいい。にもじを繰り返しているすだくんかわいい。

「囁いてあげるよう!」

Bメロの「ささーやいてあげるよーぉーぅ」がめちゃくちゃオスっぽくて良い!
対して2番のBメロの「ささーやいてあーげないよー」では「げ」をがなって強調して、イジワるげなのが好き!!(がしかしここ歌詞カード見ると「囁いてあげなよ」なので私の空耳らしい^ ^)

「ちゃんと笑って叫んでおいで」

ドードードドドド!ダーダーダダダダ!!のドラムとギターのバンドの音すき!!!

雄叫び

「いえい!」「いえーー!!」「わお!」「いええー!」菅田氏のこの手の雄叫びは最高!そして、音楽にぴったりハマる!!

起きて眠る

そろそろ起きない?まだまだ夢の中?と可愛くかわいーく起こしてくれて、らぶ!らぶ!さいこー!らぶ!さいこーーー!!て盛り上がって、最後は「眠れ!」と言われ、寝る!!!

 

このトーンベンダーラブの他にもNEEKIDSと一緒の曲は他にもあってM5「ドラス」とM6「つもる話」で、二曲とも全然異なる雰囲気の曲で、すごい楽しい!!!

 

M5「ドラス」

「マシンガンをぶっぱなしてやる」の2番アレンジがすごい好き!

Aメロのベースのジャーンジャカジャンジャカとジャーンジャカジャンジャカが大変気持ち良く鳴り響く中、「今日も」に入るとぴゅーーーーんと鳴ってバンド音が消えて、「ぶっ放してーやるる」後のドラムがすご!!バババババ!!という感じで!(ぶっ放したねー!!)(バンド音が消えたところはマシンガンを構えた時の緊張感が表現されているようで、どきどきする!!)バンド音も一緒に描写を表現して、菅田くんの演技の世界に入ってるような感じがして、ここすっごい好き!2番にアレンジ効かせてくるのほんとずるい!だいすき!

ドラマ中に作っていたということだったので、菅田くんが3Aの柊先生としてマシンガンをぶっ放していなかったら、この歌詞もこの表現もなかったのかな…うぅぅぅぅ!ドラス最高!!

「聞こえてくるるる」

巻き舌好きー/(^o^)\ー!

「わかってるから わかってるから」

サビでも同じ言葉を繰り返して(狂わせた狂わせた狂わせた狂わせた狂わせた)色んな表現をしてしまうすだくん。「〜わかってるから。わかってるから〜」前者は理解しているよの意で、後者からは理解しているからこうするんだ!と何かが始まるようなポジティブな「わかってるから」で、同じ言葉なのに、異なる表現が乗っかっているのがすごい面白い><!すき!!しかもここ「夢をみうよ」から始まり「夢をみようよ」で終わる。ここの言葉まわしがすごい。すき。

俳優業界にいる菅田くんが書いている歌詞が妙にリアルで、この歌詞は誰がモデルなんだろう…と考えたり、お芝居をしている菅田くんを浮かべたりして、聴くのも楽しい!「最終回なんてないんだ」と終わりなんてなくて演じた世界はそのまま生きてゆくんですよね。そんなメッセージのような気もしますね。

俳優菅田くんが書いて歌ってるうた。

 

M6「つもる話」

「ぐでーんぐでーんのマフラー」

すだくんが作った、ここの「ぐでぐで感」がすごいすき。

「この体」「その体」「あの体」

三段活用される体たち。

「君は僕に首ったけ」

「月には踊らされたくなああい」の息の切り方も色っぽいのですが、「くびったけぇぇぇぇええっ」すごい綺麗な高音の伸びから、存分に色っぽい息の切り方してくるんですよ。「えええぇぇぇぇぇいっ」ぐらい。喉をゴロゴロ鳴らすような息の切り方。スダマサキってなんなん…!これは特にスタンドマイクで歌ってほしいです。スタンドマイクで。。。

あと、ギターの音色がめっちゃオシャレ…!右耳と左耳のそれぞれの音色のコラボが楽しい。

 

パフェナイトですだくんの緊張をかき消すようにニーキッズの皆さまがすだくんの横で楽しそうに演奏していたのが記憶に残っています。北海道合宿もさぞ楽しかったんだろうな!楽しさの原動力みたいな方たち!!!

 

M4「7.1oz」

かっこいいいいいいいい!!!

ジャンジャーン(右耳)…ジャンジャーン(右耳)…イントロから格好良さが溢れすぎている!!重低音から可愛い音、ベース、ドラムまで好きな色んな音が交わっていて、すごいいいいい!私の読み方が間違えてなければ、ギター弾いている方が3人も!!

ラジオで初披露する時には替歌スペシャルと共にファンシーテディベアTシャツをきて駆けつけてくれた忘れらんねぇよの柴田さん。ピンアフの時に、すだくんが書いた歌詞を柴田さんに送りつけたことを思い返して、「唐突に歌詞を送ったのは(柴田さんが)初めて」「嬉しい」なんて照れ笑いするお二人。付き合いたてですかw

この曲の歌詞を初めて受け取った時の柴田さん

「情景描写がすごいあって、ぐるぐる洗濯機が回るとか下から見上げる君の笑顔とか絵がすごい浮かんできた。原型を見たときに淡々としているんだけど日曜日の曇りの昼みたいな感じで、でもものすごい感情が渦巻いているみたいな、これおもろいなーと思って。」

(すだくんANNより)

「ぐるぐーる」

裏声きれい

「このままじゃ」

裏声きれい!

「いつもかわいくいてくれてありがとう」

ここすき!><!

「古着屋で君と出会った〜」

(特にここからが本領発揮)

の部分で初めて出会った頃を思い出している時は優しく優しく息継ぎをするように歌声と音楽が流れるのですが、どんどん楽器が増えていって(柴田さんの言葉を借りるならば感情が渦巻き出して!)「あーあ汚れてくんだーこころおが」の切り替えが圧巻><!タララララン!タララララン!とどんどんドラムを叩く一音一音が重たくなるよう!長くなっていくよう!感情が爆発してのラストの「笑ってくれよーーーーおーーーおーおーおおおー」おおーおーだけでこれだけ表現するすだくんに対して、おおおおおおおおおおおお!!と率直に感動する私。(あぁもう一回聴こう…。)

ラジオで見せた緊張しいな可愛い一面とは裏腹に、言葉と音を並べて、最後の最後までシンバルを叩いて叩いた余韻(とあと右耳の音を先に絞られて…左耳の音の余韻に浸り終わるところまで)も含めて、柴田さんの男気溢れる丁寧な仕事人ぶりが際立っていて、これは(これも)好き…。

 

M8「りびんぐでっど」

ブレス

イントロなしですだくんのブレスから始まる!!!ゆっくりスーッと息を吸うすだくん。ベースとドラムがシンプルに作り出すメロディは時を刻んでいるよう。

ラジオでは楽曲披露前に、元々好きだったドレスコーズの志磨さんと何か作りたいねっと言っていたら実現したとサラッと話す菅田くん。そういうとこだよ!!そういうところがね!!すごいんよ。。。

ナタリーの対談がすごい楽しい。

https://natalie.mu/music/pp/sudamasaki03

「憎らしいほど大好きだよ」

対談にも書いてあるのですが、意味が矛盾している語句を並べて歌詞を書いていて、りびんぐでっど自体もLiving deadで、生きていて死んでいるといったオクシモロンだそうで。曲を初めて聞いたときは思わず書き出して「天使の顔した悪魔」「永遠のような一瞬」〜聴けば聴くほど、おぉー!おおーー!と言葉の並びが独特で面白くて楽しかったです!!!

「自然な演技は得意だから」

ここの歌詞は志磨さんから菅田くんへの挑戦状のようで、毎回ドキッとします。そうだこの人俳優だったんだ…。「好きよ」を3回歌わせて、表現を楽しむ。りびんぐでっどは、いまを生きるすだくんと歌声を存分に摂取できる贅沢な曲なのです。

 

M7「キスだけで feat. あいみょん

幻想少女曲

深い洞窟の中で音が反響し合っているような幻想的な空間の音楽の中で「わたし今日はオンナだから」て菅田さんに歌わせるあいみょんんんんん><すごいいいいい!!みょんすきいいいいいいいいい!!!><

アコギ

アコギのタッチが優しく鳴っていて、キュン…とかギュン…とか弦に指が触れてるよう><!みょンンンン><

みょんんんん

満を持してみょん氏がオトコ役で登場する二番があつすぎます…。「傷つけてーかまわーないのーぉ」の息の切り方がちょう男前…。みょん氏ほんとかっけぇ…。

こころのこえ

耳を澄ますと「やる気ないね」「眠れないね」と囁きボイスが聴こえてくる。さり気なくて、ぼそっと感が登場人物たちの心の声が聴こえてくるようで、おおお!

これ公園で恋バナしてたらできた曲だなんて…才能が恐ろしいわ…。

MVと同時公開

音源が先ではなく、MVとの同時公開ねしたね。菅田氏とみょん氏の視線の向け方が最高に良くて、MVと一緒に見て更にどっぷり世界観に深く深く沈んでゆきます。みょん氏と菅田氏の恋バナありがとう…。

 

M10「あいつとその子」

「でてーきません」

のかわいさ。

これもまたえぐいな…!こんな類の曲を菅田くん作詞作曲してしまうん…。イントロのピアノとギター優しい。

ずっと「あいつ(男)」目線で歌っていたのに、ラストだけは「その子(女)」目線なのがまたいいよね。その子はお嫁さんになったのかなー。

ライブのセットリスト考えると、ラスト曲の前はこれがいい!!「ららーらーらーらー」て歌わせてほしい…すき…。「あさーご飯の」後ろの、しんなりしたピアノ音が切なくて、すき…。うん。ここすごいすき。

 

 

M11「ベイビィ」

「まるさんかくしかく」

言葉を覚えたての赤ちゃんが単語と単語を繋げて話しているよう…!永嶋さんのギターと菅田くんの歌のみのシンプルな曲ですが、一歩一歩その赤ちゃんといっしょに歩んでるようでよかったです、

「暖かいー!」

あたたかそう…!

曲の最後まで聴くと永嶋さんとの話し声が聴こえてきて、あー><こういう風に楽しく曲を作ってるんだ…!!

 

あと、まちがいさがしピアノ編曲、クローバーピアノ編曲、きすだけで編曲、あいつとその子編曲、ピアノ、ベイビィ…トオミさんって何者なん…!

 

アルバムに入ってる曲、どの曲も素敵すぎて、聴き入ってしまう><アルバム曲を中心に書いてしまったけど、もっと書きたいような、まだ書き足りないような…!クローバーはDVDを見たときに!「君は僕の太陽なんだ…!」甘酸っぱい青春ソングみたくて大好きー!!!

 

月曜にパーソナリティ務めるANNではリスナーと一緒にいつの晩も盛大にはしゃいでるけど、舘さんに才能を認められる俳優さんで、ヨネケンにも羨ましがられる声の持ち主なんですよね。スダマサキってなんなん。すごっ…。すっご…。

アルバム是非買って聴いてみてください。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

おしまい。

 

好きなインタビューメモ

https://www.oricon.co.jp/confidence/special/53232/

https://www.joysound.com/web/s/karaoke/interview/201907/01